歯科技工士は仕事の選択の幅が広い

歯科技工士は、歯科医師と違って歯を治療するのではなく、歯を作ることが仕事となります。

いわゆる義歯を作るのですが、歯科医師と同じように国家資格がなければ仕事ができません。

指定された学校に入学して、そこで歯科技工に関することを学び、学校を卒業すれば国家試験を受けることができます。

合格率は歯科医師試験と同じぐらいなので、試験のハードルはそこまで高いわけではありません。

歯科技工士の資格を取得すれば、そこからどのような形で働くかを選択することになります。

もちろん、独立や開業もできる職業ではありますが、まずは歯科医院や総合病院、もしくは一般の企業で働くことになります。

上記以外でも、歯科関連の専門メーカーで働くこともできますし、海外で勤務することも可能なので、仕事の選択はかなり幅広いと思います。

そして、経験とスキルを磨いた後に、独立をして開業をすることもできるわけです。

歯科医師に比べると、そこまで供給過多というわけではないので、独立後も成功する可能性は十分にあります。

もちろん、色々と大変なこともありますし、容易ではないことに変わりはありませんが。

さて、歯を作ることが歯科技工士の仕事なわけですが、当然ながら人によって形状はそれぞれ違うわけですし、毎回のように異なる義歯を作らないといけません。

全く同じ物を作るわけではないので、そういう意味ではマニュアル化された多くの仕事に比べると、精巧性が求められるのです。

もちろん、根本部分は同じですから、ある程度経験を積めばスムーズに作業はできますが、それでも大変であることは間違いありません。