医療の国家資格は受験資格が色々とある

国家資格と言っても、年齢条件さえ満たしていれば受験できる資格もありますし、中には一切の受験条件がない国会資格もあります。

しかし医療の国家資格となれば、色々な受験資格があるのです。

例えば、どの国家資格を取得するにしても、指定された大学や専門学校に入学して、そこで修学することが条件となります。

その学校を卒業することで、初めて受験資格を得ることができるわけです。

中には、それに加えて年齢条件であったり実務経験であったり、他の資格が必要なケースもあります。

ただ、大半は学校を卒業すれば受験することができ、合格率自体はどの国家資格も高めになっているので、大学や専門学校に入学し、そこを卒業するまでがそれなりにハードルが高い傾向にあるのです。

また、入学費や学費なども、特に医学部となればかなり高額になります。

しかも、それまでに二浪以上する人も多いですから、必要なお金は想像以上に多くなるものです。

そして、国家資格を取得しても、それで安泰かと言うとそうでもないのです。

例えば医師の場合は、資格を取得したら研修を行い、その後になってようやく医師としての仕事をすることができます。

ただ、大手の病院はなかなか採用されないことも多いですし、中小規模の病院での勤務となれば、収入も決して恵まれているとは言えません。

もちろん、中には独立をして、年収3000万や5000万も稼ぐ医師もいるのですが、一方でサラリーマンとほとんど変わらないぐらいの収入しか得られない医師もいるのです。

むろん、他の歯科医師や薬剤師や理学療法士なども、同じように稼いでいる人もいれば、かなり苦労をしている人もたくさんいるのです。