薬剤師として働きたい場合はどうすればいいのか

薬剤師も医療資格の1つではありますが、こちらは薬を作ったり処方したりするのが主な業務となります。

そんな薬剤師として働きたいのであれば、もちろん薬剤師の資格を取得することになります。

大学の薬学部に入学し、医学部と同じように6年間修学することで、国家試験の受験資格を得ることができます。

ただ、国家試験の合格率は、毎年50%前後となっていることから、他の医療国家試験に比べると合格率は低くなっているのです
したがって、ただ卒業をするだけでなく、独学による勉強もしっかりと行わないといけないのです。

薬剤師の資格を取得したら、病院やドラッグストアや製薬会社に勤務するのが一般的です。

もちろん、経験を積んだ後に独立をする人もいます。

薬剤師の仕事をする上で、もちろん専門知識も必要となるのですが、薬を処方することも仕事の1つとなるわけですから、患者に対しての説明も必要になるわけです。

したがって、コミュニケーション能力も必要ですし、接客スキルもしっかりと身につけないといけないのです。

近年は、薬剤師の業務も多様化されていることから、より多くの薬剤師を採用している病院や会社も多いです。

そのため、就職に関してはそこまで困ることはないかもしれませんが、できるだけ自分の働きやすい現場を選ぶのが望ましいです。

薬剤師は、収入自体は安定している傾向にありますが、医師と違って年収数千万円を目指すことは非常に困難です。

独立をしている人でも、そこまで稼げている人は本当にひと握りです。

安定を求める人には全く問題ないかもしれませんが、少しでもたくさん稼ぎたいと思う人にとっては、少しモチベーションを維持するのが難しいかもしれません。